神威岬(カムイ)に代表される積丹半島は
北海道を代表する景勝地。











e0397018_08522736.jpg









訪れた日は今季運行初日で、小さな港町は賑わっていた。
e0397018_08565640.jpg
後方が美国、黄金岬。




此処は北海道で唯一「海中公園」に指定されています。

e0397018_09324487.jpg
船底には窓ガラスがあり積丹ブルーを楽しめます。
若干、濁っていましたが、この時期はウニが見れる。







e0397018_09353779.jpg
スカイブルーもなかなか良いです(港から外洋へ)。












e0397018_09363496.jpg
右が宝島(由来は不明)。


e0397018_09424805.jpg
奇怪な岩の海岸線が続く。左側に雪解けの滝。




e0397018_09451451.jpg

メニュー含まれる船上からカモメの餌付。
カモメ爆弾(糞)にはご注意を・・・(自己責任)



e0397018_09532297.jpg
19t(78名乗船)の小型船で約40分のクルーズでした。
海底は毎日変化する自然風景ですので、
必ず積丹ブルーとは限りません。











[PR]
# by grinsell6578 | 2018-04-14 12:00
タンチョウ(丹頂)は鶴そのものを云います。












e0397018_11331450.jpg
従って、タンチョウ鶴と表現するのは誤りと
阿寒国際ツルセンター職員の方から。


知りませんでした・・・










e0397018_11452641.jpg
人工給餌発祥の地。





建物裏手に給餌場所が有り、

この時期70~80羽程、飛来するそうです。

e0397018_11411429.jpg
訪れた時間が午後4時を回った頃だった為、

5羽のみでした。






e0397018_11400518.jpg

名称の由来は、「タン(丹)~赤色」。
頭部が赤い鳥
タンチョウ




[PR]
# by grinsell6578 | 2018-03-03 16:10
今年の流氷は・・・









昨年より起伏が有りダイナミックな様相。
流氷表面はFROSTING状態で美しい光景が広がっていた。




e0397018_08422269.jpg






e0397018_08521839.jpg






e0397018_09081429.jpg

「おーろら(青色)」、「おーろら2(緑色)」2艘で運行されている。15分差で出港。




2艘は流氷帯で円を描くように航行し、船主での破砕風景を間近でみれる。

e0397018_09033391.jpg





船が流氷と衝突すると「ゴン!」と鈍い音を立て、ガシガシと氷を割って進む。
厚い流氷帯の為、立ち往生することも・・・




e0397018_09104960.jpg
氷点下7℃にも拘らず甲板デッキは自然と共に流氷を楽しみたいと満員。



砕氷船観光船「おーろら・おーろら2」は流氷シーズンが終了すると
定期点検後、知床観光船「おーろら・おーろら2」になります・・・
ご存知でしたでしょうか?







e0397018_08241961.jpg


流氷は自然現象です。
天候状態(気温、水温、風向き等)で左右され、
必ず見れるとは限りません。







[PR]
# by grinsell6578 | 2018-02-15 11:00
これと云った名所・旧跡が無い北海道中川郡豊頃町。



此処、豊頃大津海岸は・・・
e0397018_12411205.jpg

或る新聞記事によって
人口3400余名の街が観光に力を入れ始めた。










e0397018_21405192.jpg







それは、2016年1月、ニューヨーク・タイムスで「世界でも珍しい現象」と紹介され、
ジュエリーアイスと名づけられた。



e0397018_21580003.jpg




太平洋に流れ込む母なる厳寒の「十勝川」を覆いつくす氷が流れ、河口の豊頃大津海岸
に打ち上げられ、太陽光線を浴びて美しく輝く自然現象は神秘的です。


e0397018_21411428.jpg
ホープダイヤモンドには及びませんが、ブルーが鮮やかでした。


e0397018_09342840.jpg
少し角度を変えて撮ってみました。少しブルーが強調されたかなぁ~







e0397018_21412840.jpg




e0397018_12481618.jpg


クリスタル状の透明な氷達は太陽光線を受けて輝く様は宝石の様です。




訪れたのは午後1時頃ですが、時間の経過で輝き方が変化します。
ジュエリーアイスは自然現象のため、その日、その時で刻々と変化しますので、
必ず見れるとは限りません。










[PR]
# by grinsell6578 | 2018-02-14 13:10
【お断り:2017年2月11日の写真です】


紋別市網走地方気象台によると2018年2月2日流氷が接岸したとの発表が有りました。
流氷が見られる観光流氷船は紋別市「ガリンコ号」、
網走市「おーろら」になります。


e0397018_10574123.jpg

3年前は紋別のガリンコ号を選択しましたが、流氷は空振りでした。

昨年は好条件の情報を頂き躊躇無くおーろら
にチャレンジしました。
船内にはクリオネが飼育されています。








e0397018_11145775.jpg



防波堤を過ぎて洋上に進むと一面に流氷か広がります。





e0397018_11175240.jpg



流氷がガシガシと割られる様子を
デッキから間近かで見れます。

クルーは流氷が鳴くと表現していました。



e0397018_11305261.jpg


オホーツクブルー

今年(2018年)も乗船予定にしています。







[PR]
# by grinsell6578 | 2018-02-12 11:36

休日の朝、空と相談して行先を決める適当な旅のスクラップです。好物のWhiskeyを引っ掛けながら車窓からローカル風景を眺めています。過去写真の掲載もありますので、旅の情報は参考程度にお願い致します。尚、写真は一切加工無しです・・・その様な技術は持ち合わせていませんので・・・(笑)


by Kei